マイニング166日目 ビットコインのアップデート

マイニングは表示システムメンテナンスの為

数値は表示されておりません

後日

書き加えます。

仮想通貨業界は、まだ歴史が浅いにも関わらず、その革新的なブロックチェーン技術も含め、ここ数年間で大きく注目される産業の一つとして捉えられており、特に元祖仮想通貨とも称されることのあるビットコイン(BTC)は、数ある仮想通貨の中でも頭一つ抜きん出た存在感を放っています。

実際にビットコイン先物の開始や、ビットコインETFの検討など、メインストリームへの進出を最も進めています。

顧客体験に焦点を当てた仮想通貨関連のサービスやツールも台頭してきてはいますが、実際そのビットコインを消費者が使用するには、未だ技術的に難解な部分が多く、敷居が高いままになっているのが現状であると言えるでしょう。

そんな中、ビットコインの基盤となるオープンソースソフトウェアであるビットコイン・コアにおいて、17回目となる新たな大規模アップグレードが9月8日に行われることが明らかになりました。

 

 

中でも注目されているアップグレードは、過去にSegWitをはじめとするビットコインを劇的に発展させてきた開発者の1人であるPieter Wuille氏によって提案された新しい”言語”の追加でしょう。

現時点で、ユーザーが鍵を一つのウォレットから、もう一つのウォレットに送付する際などに、他の人にどのような送金が行われたかなど、重要な情報を失ってしまう恐れがありました。

この問題は、ほとんどの取引において大した問題ではありませんでしたが、マルチシグなど複数人が関与する取引が普及するに連れて、その解決策の必要性が高まってきているのが現状です。

しかし、今回のWuille氏からの提案によって、ユーザーは(公開鍵、秘密鍵を含む)ビットコインの鍵を”貯金用”や”募金”などのようにラベル付けできるようになり、”ウォレットの概念を変えることができる”とChaincodeのエンジニアであるJohn Newbery氏は主張しました。

 

さらに、新しい”言語”の追加に加え、コミュニティ内の開発者であるAndrew Chow氏が提案したPartially Signed Bitcoin Transactions(PSBT)の採用も今回のアップグレードによって見込まれています。

このPSBTによって、ユーザーはプロトコルを通してオフラインでの取引を行うことができ、ビットコインネットワークに即時公開せずに署名をすることができるようになるのです。

そして、ビットコインを保管するのに最も安全な方法として、市場には多くのハードウェアウォレットが存在していますが、そのどれもが全てのソフトウェアウォレットとの互換性がないため、不便であるとされていました。

よって、ハードウェアのセキュリティおよび、ソフトウェアウォレットの利便性を持ち合わせたウォレットの実現が求められているのです。

この実現に向けChow氏は以下のように言及しました。

PSBTは、ビットコイン・コアがより容易にハードウェアウォレットのサポートを行えるようにし、物理的に隔離されたオフラインウォレットの設定も向上させる。私は、PSBTを使用して、ビットコイン・コアにおけるハードウェアウォレットのサポートを推し進めている最中である。

この他にも、今回の大規模アップグレードには、既述の新しい”言語”、PSBT以外にも、スケーラビリティを大幅に向上させ、取引手数料も減少させることを可能にしたCoin Selectionなど複数の変更点が含まれており、さらなる利便性を持つビットコイン・コアになることが期待されています。

ビットコイン(BTC):大規模アップグレードを9月8日に予定

 

 

 

 

 

 

 

 

アップデートは良いことです。
なんでも進化はありがたく凄いことです。

これを機に価格が上がるのでは??と話が出ていますがどうなるのでしょうか?

以前は1BTC=4~6万円だったのが今は70~90万くらい?
この価格が底上げで100~150万とかになってくれたら

面白いんですが

いかがでしょうか?

 

 

 

 

LINE@で質問受付中!!
マイニングの事やクリプトゴールドの事など
何でも聞いてください

にほんブログ村

にほんブログ村

素人投資家ランキング

その買うを、もっとハッピーに。|ハピタス

 


マイニング165日目 日本初!仮想通貨貸出に特化したサービス「CoinOn」先行受付開始

マイニングは表示システムメンテナンスの為

数値は表示されておりません

後日

書き加えます。

FinTech事業を展開するカウンティア株式会社と、FinTech部門での事業開発を進めているカウンティアバンク株式会社が、日本初の仮想通貨のレンディングに特化した新サービス「CoinOn(コインオン)」を2018年8月30日より、先行受付を開始した。

「CoinOn」先行受付URL :https://pre.coinon.cc

正式リリースは、2018年内を予定しているとのこと。

ユーザーが保有しているビットコイン(BTC)を「CoinOn」に貸し出すことで、賃借料としてビットコインを毎日受け取ることが可能となる。

その賃借料は変動するが、年間期待リターンは5~10%(税込)となる見込み。

CoinOnへの最小貸付額は「1BTC以上」を予定。

1:賃借料は毎日変動し毎日付与。複利で増え年間期待リターンは5~10%(税込)。

2:貸出期間は1日単位。出金申請はいつでも可能。

「CoinOn」は、サービス開始時においてはビットコイン(BTC)のみを対象だが、その他の仮想通貨の貸し出しについても、将来的に対応を行っていく予定

BTCをマイニングしたら今度はそのBTCをどうするかですね
もちろん通貨円との価格が良ければ換金したいですし

それまではこういったところに貸付するのも良いですね。

LINE@で質問受付中!!
マイニングの事やクリプトゴールドの事など
何でも聞いてください

にほんブログ村

にほんブログ村

素人投資家ランキング

その買うを、もっとハッピーに。|ハピタス

マイニング164日目 ヨーロッパ各国における仮想通貨普及率調査

マイニングは表示システムメンテナンスの為

数値は表示されておりません

後日

書き加えます。

ドイツのリサーチ会社であるスタティスタ(Statista)が世界15カ国を対象にした仮想通貨の普及率の調査結果を発表しました。このレポートによると、普及率が最も高いのはトルコだとされています。

同調査は各国の市民約1000人(ルクセンブルグのみ500人)を対象に「仮想通貨を保有しているか」というアンケートを取ったものとなっています。

調査結果ではヨーロッパを中心とした15カ国での仮想通貨の普及率がまとめられており、仮想通貨を持っていると答えた人の割合が最も高い国はトルコ(18%)であるとされています。

トルコに次いでルーマニアが12%、ポーランドが11%となっています。

トルコでは政治の不安定さから政府への信頼が落ちている影響を受け、自国通貨・リラの価値が下落しており、仮想通貨を購入する国民が増えているとされています。

Coindeskは今月初頭にトルコの仮想通貨取引所での取引高が24時間で100%以上増加したと伝えています。

ヨーロッパ各国における仮想通貨普及率調査・一位はトルコ

まだトルコでも国民の

18%なんですね

これを良しと見るか…

可能性は十分に秘めてます。

LINE@で質問受付中!!
マイニングの事やクリプトゴールドの事など
何でも聞いてください

にほんブログ村

にほんブログ村

素人投資家ランキング

その買うを、もっとハッピーに。|ハピタス

マイニング164日目 引越完了!!

マイニングは表示システムメンテナンスの為

数値は表示されておりません

後日

書き加えます。

 

 

wordpressの利用規約違反もあったようで
レンタルサーバーを借り

cryptogold-report.official.jp


サイトアドレスを変え

再スタートさせていただきました。

引越機能を使いましたので

過去の記事が化けていることもありますが

ご了承くださいませ。

 

 

 

LINE@で質問受付中!!
マイニングの事やクリプトゴールドの事など
何でも聞いてください

にほんブログ村

にほんブログ村

素人投資家ランキング

その買うを、もっとハッピーに。|ハピタス